サポート万全な会社で働こう~働きやすさは企業の優しさ~

ホワイトボードに書いている男性

課題は多い

資料に目を通す

企業は人材によって業績が大きく変わります!社員研修を行なっている業者があるますので、チェックして教育を行ないましょう!

実績に裏付けされた教材で勉強することができますよ!営業の育成を考えるならこちらの会社に相談しましょう!

事業所内保育施設の現状

平成23年の厚生労働省の調査によると、全国にある「事業所内保育」施設は約4000ヶ所であると言われています。ただし、その6割は女性の勤務が比較的多い職場である病院内の設置で、一般企業の取り組みは意外にもまだあまり進んでいません。 児童の定員や事業所内保育施設の面積の一定の基準を満たせば助成金が出る国の制度はありますが、一般企業にはあまり利用されていません。助成金はあっても、費用や場所を確保するのは企業にとって大きな課題となっているようです。また費用面での課題だけではなく、運用面での課題もあり一般企業ではまだ施設の設置が進んでいない現状があります。ワーキングマザーが増えている現代ですが、多くの一般企業では女性が働き続けるための環境は完全に整備されていません。

施設を利用するために必要なこと

事業所内保育施設は、基本的には従業員のために設けられる施設ですが、条件を満たせば地域の児童も利用できます。利用できる対象としては事業所で勤務する従業員の家族、または事業所が存在する地域に住む児童となります。 利用方法としては、利用できる条件を満たす事業所内保育施設を調べ、各施設に対して資料請求を行います。請求した資料に記載の内容に従って申し込み手続きをします。 一般的な保育施設でも待機児童の解消は進んでおらず、事業所内の保育施設に限らずですが、応募人数が定員を超えた場合は、抽選になります。多くの上述したように、多くの企業では事業所内保育施設が取り入れられていないため順番待ちとなっている施設が多いです。