サポート万全な会社で働こう~働きやすさは企業の優しさ~

子育てしやすい企業

高層ビル

企業内保育を行う企業が増えています

最近は、女性の活用が企業にとっても重要な課題となっており、会社の中に保育所を作る、企業内保育を始める企業が増えています。会社の中に保育所があれば、ワーキングマザーは送り迎えの時間が短縮できますし、何よりも近くにいられて安心です。企業側としても、企業内保育を行うことで、優秀な女性に働き続けてもらうことができますし、女性を積極的に活用している、そして働く女性のことをよく考えているというイメージアップにもつながります。 突然、企業内保育を始めるといっても、一般の企業には初めてのことで設立するのは難しいでしょう。そこで、保育専門の会社に企業内保育の業務を委託する企業が増えています。企業側は、場所を用意して、あとは保育の専門家にまかせて企業内保育を運営してもらうことになります。

業務委託することのメリットとは

企業内保育を行うには、保育所の環境を整えるなどの準備が必要になります。また、保育士やスタッフを雇って、研修を行わなければなりません。また、預かっている子供がケガをしたり、ケンカをしたりした時に、きちんとした対応をしなければいけません。業務委託をすることで、専門の会社がそれらすべてを行ってくれるのです。 また、企業内保育を行うにあたっての申請手続きなども行ってくれますし、自治体から助成金が出る場合もあるので、その対応もしてくれます。 企業が独自に運営するよりも専門会社に委託する方が人件費も削減できますし、保育の質も高められるのです。母親にとっても、専門家が運営している保育所が会社内にあれば、子供を安心して預けることが出来て、嬉しいことでしょう。